ほんとうに新月だった

ばびちゃんと電話で話してねむったら金縛りに何回もあった

ものすごい強烈で

なんとか逃れようと目をあけると

窓の向こうの電線から火花が散った

金縛りがパワフル過ぎて わたしを通過してわたしの目からエネルギーみたいなものが飛び出す為 わたしの視線の先にあるものが爆発してしまうからだった

やばい 火事になっちゃう

目も開けられない

もがき続けていたら

一瞬ゆるんだので その隙に一気に起きて金縛りから逃れた

こりゃひとりじゃだめだと

リダイヤルでばびちゃんに電話した

ばびちゃんは三茶のひつじスタジオで録音中で忙しかった

ひつじスタジオのその一室はガラス張りで中が全部 絵で かわいかった

すぐに誰かに電話を代わった

出たのは池田くんだった

鹿児島から東京に行ってるらしい

池田くんに説明して とにかく

ひとりじゃまた難しいから電話したと

話すと

俺は金縛りにあったら相手の腕をとって投げ飛ばすと言った

や 触るのかい!触れるのかい⁈

凄すぎる わたしにはハードすぎる

そうなんだ…とだまるわたしに

池田くんは

言うても

そりゃあれやな

新月

新月で荒れてんだよ

新月と暦も見ずに言える池田くんはさすがの鋭さで

そっか と納得しつつも

こわかったわたしは

だけどー!だけどー!火花がー!

と言ってしまうのを

だから新月だからだよ

の一発でおさめられ

そっか!と

理由が分かって安心した

すると外が騒がしい

いつの間にか朝が来ていて

たくさんの人がうちの方へ登ってくる

えー!今日草刈りかなんかだった?

とびっくりして

電話の池田くんにちょっとまってねといって

窓を開けて女の人にきく

女の人はオバQに似ていた

今日なんかあるんですか?

…くんが飛ぶんです

え?sonくん?天草で?

いや スンくんです

へ〜

スンくんってだれ?と思いながらそうなんですね

と窓をしめた

窓はなぜかくるくる回す

車のまどだった

スンくんらしき人は空色のツナギを着て白いヘルメットをかぶりデカイ羽をつけている 後ろにはヘリコプター

取り囲む人々が拍手していた

電話の池田くんにだいじょぶだったーと戻ると おまえのいまの嘘くさい話し方はなんなんだ!と叱られた

説明したかったけど まだ町の人がいて聞き耳を立てているので話し辛く

叱られたままになった

池田くんはまぁいいけど といって

別の話をしていたら電話がとぎれた

あれ?っと思ったら受話器がない

しゃべりながら目が覚めた

ゆめだった

あ〜 こわかったけど

ゆめでよかった〜

新月か〜 ホッとした〜

とおもって またねた

神奈川県の小さな港町

中華風の鳥居をくぐると

中央の奥に神社

右手に団地

左手に建増しを重ねたために入り組んだ低いビル

そのビルの入口から階段で2階に上がると1フロア広々とひつじスタジオがあった

ほんとだ〜!神社の中にあるんだね!

学校の教室みたいに一面は窓で

窓の向こうには海がみえた

港は晴れてて 海が遠くまで

キラキラ光っていた

ばびちゃんは海を見ながら

仕事したり音楽つくったりする

疲れたら海で休憩

ここを選んだんだな〜

よくみつけたね いいねぇ

わたしは海の写真を撮った

ひつじスタジオがここにきた時

町の人が総勢でお祝いしてくれたそう

階段を下りて また鳥居をくぐり

神社を出てすぐ左に行くと

商店街の入口

門はまた中華風でこちらはド派手でカラフル かわいい

小さな商店街の左手3軒目あたり

隠れひつじスタジオがある

ミュージシャンや作り手のたまり場的な所で 作業をしたり 会議をしたり 集まるところ

なんでも好きなものが置いてある

ばびちゃんは最近ビンテージものに少しはまっていて オークションで買ってきたかっこいい冷蔵庫が

現役で動いていた

その他 巨大な蓄音機のような形をした古いライターの販売機 タバコじゃなくてライター ライターにはそれぞれメンバーの名前が書いてあった

通りに出るとばびちゃんと数人が撮影していた 何か手伝うよ〜と言おうとしたら撮影が始まっちゃったのであわてて離れ また部屋にもどった

よくみると 壊れた冷蔵庫に電球が入って照明になっていたり オブジェとして置いてあったり とにかく冷蔵庫がいっぱいあった

みんなが撮影から帰ってくる間にお茶でもいれようかと思ってたら

いろんな人が集まってきて

宴会ちっくになった

なんかおもしろい家族がいて

話していたら 千倉から天草へ引っ越してきたというので

わたし千倉出身だよ〜あら〜と

親近感がわく

彼らは天草に来る前に熊本でレモンと葉物野菜の職業訓練を受けたそうで

レモンは作るといっていた

神奈川にいるはずなのに

天草とごっちゃになったけど

ばびちゃんたちが撮影からもどってきて 神奈川になった

ばびちゃんはそのユニットのメンバーでプロデュースもしているので

予定がつまっていた

あれ?ひつじスタジオ三茶じゃなかったっけ?と聞いたら

こっち(神奈川)はたまにしかこないといっていた

ひつじスタジオ神奈川支店

みんながわいわい騒がしい中

メガネの子が時間調整をしている

今日は知り合いのバンド何組かライヴがあるらしい

ばびちゃんは聞いてなかったよ〜聞いてたらもうちょい考えたけど

今日はもうしんどいから帰る と

あ〜 電話だけでもいれとこっかな と

そっか〜 なんかわいわいしてる中

今日はみつ以外にも帰ってきてる人が何人かいて横浜で

ライヴがあるらしいと

説明してくれた

わたしは透明の一升瓶を洗って

持って帰ろうとIKEAの袋に入れようとしたら瓶の底が割れて抜けていた

あぶないけど 包むものもない

しょうがないなぁと

気をつけて帰ろうとおもった

高校生の女の子が2人やってきた

彼らのファンらしく ステッカー貼りを頼まれて喜んで出て行った

もうすぐ17じになろうとしていた

その先のセブンイレブンは18じで閉まるらしい

袋を貰うならそこに行くしかない

わいわいガヤガヤ

季節はカラッとした真夏だった

なんとなく

目が覚めた

ゆめ2本立て

後で調べたらほんとうに新月だった


午後

三茶のひつじスタジオから

マイクが届いた

喜びと緊張でゾワゾワする

枕本トクロウ氏 ありがとう!!!

広告

すみちゃん

7月後半、突然の鼻水洪水から ずっと 空咳と鼻水が続いていた。

鼻水が前(鼻の穴)から出ず気管に下りしてまうので、横になるとたまり

それを吐き出そうとする咳で夜は眠れない。

今月に入り、だるい日々。

たるんでいると焦ったら、それは、風邪だった。

レンコン生絞り汁と梅醤番茶、薪風呂に浸かるも、微熱続き。

咳でやっぱり夜は眠れない。だるくすっきりおわらない風邪。

だけど、その日がやってきたのでひとまず風邪は無視した。

東京から、すみちゃんがやってきた。

(焼酎の品揃えに大興奮のすみちゃん)

すみちゃんは、15年くらい前からALASKA.を聴きにきてくれている人。

ちょうど仕事で久留米にきたので、残りの休日に会いにきてくれた。

すみちゃんは、ライヴに来てくれる。でも

ライヴのときは、おわってからしかはなせないから、あんまりゆっくりした時間がない。

だけど、わたしはすみちゃんに絶大なる信頼と尊敬を持っている。

すみちゃんは、観音菩薩さんみたいな空気をかもしだす。

でも、すみちゃんは ただ すみちゃんをやっているだけである。

そんなに知らないけど、わたしはすみちゃんがすき。

だから、すみちゃんが来るといったら 断らないと決めていた。

そして、すみちゃんは天草まで来た。

2泊3日。

海に行って、家でくつろいで、たくさん話して たのしかった。

下田温泉によったら偶然親方に会って、立派な伊勢エビを持たせてくれた。

生まれて初めて生きている伊勢エビをさばいた。

切った後も身がプリプリと動いていた。

頭と殻は味噌汁にした。

一人だったら、ドキドキに苛まれて

こんなに真剣においしくしようと思えなかったかもしれない。

でも、おいしかった。

野菜屑を埋めに畑にいったら、すみちゃんが地面に散らばる栗をみつけた。

ピカピカの栗がたくさんおちていた。

メリーのお墓の所の木が山栗だったことが分かり、

そのピカピカの栗を拾って栗ごはんにした。

おいしかった。

帰る前日の夜というかほぼ朝方、すみちゃんに感謝を込めてうたいまくった。

すみちゃんは、わたしももう持っていない程古い外国でのALASKA.ライヴ音源まで愛聴していた。

うれしくて感動した。

すみちゃんは、お客さんかもしれない。

でも、わたしには特別な人。

ALASKA.の活動は、かれこれ20年以上になるけど波がある。

ママの病気の看病や、自身の気が落ち込みすぎた時などは休んできた。

又、今も作業に明け暮れて活動としては下火である。

作曲はいつもしていても、そのブランクから活動再開する時はすごく大変なのだが

何事もなかったかの様に、ダイレクトメールもしてないのに

すみちゃんはひょっこり来てくれる。

ききたかったんだよ~って。

わたしがどんなに不安でも

なにがあっても

きいてくれるひとがいる。

ききたいとおもってくれるひとがいる。

歌い手として

そんな素敵な人がいてくれるなんて

わたしはなんて幸運なんだろう。

この作業中の天草のSTUDIOにきても

たのしそうに満喫してくれる。

ありがとう。

わたし

作って

うたっていくからね。

これからもよろしくね。

次回は、ケンヤやタタラちゃんや御一行であそびにきてね。

すみちゃんをバス停まで送って

漸く、発熱した。

月末月始に遠出するので、念のため病院に行ってみたけど

久々の病院はちょーてきとーで質問には一切答えてくれなかった。

質問する人がいないのだろうか?医師や薬剤師は怪訝な顔で薬の効能のみを述べたが、それはプリントに書いてあるので読めば分かる事であり又、残念ながら質問に対する答えではなかった。

仕方がないのであきらめた。

お金の無駄遣いだったかもしれない。

一応、薬はもらったけど、飲む前にもうすぐ治りそうです。

すみちゃんは、多分、わたしを調律しにきてくれたんだと思う。

すみちゃん

ありがとう。

お盆

ことしはメリーと喜久江おばあちゃんの初盆だった

やんごめくいくい おみずのみのみ

このあかりをたよりにおかえりなさい

迎え火と送り火での言葉

迎え火だと最後のところが お戻りなさい だったかもしれない

でも おうちにかえってくるから おかえり かな

じゃあ 送るときはお戻りなさいだったのかな

わからないけど 両方 おかえりなさい と言った

提灯がないから kappa堂さんのお香をつけて

きゅうりをもって迎えにいき 送りにいった

お盆の間も わたしはずっと作業だった

何があったわけでもないけど

ふしぎなことに しあわせいっぱいだった

メリーをかんじた

八重子おばあちゃんもちょっときた

わたしには『みどりのつき』というなまえのうたがあって

このうたは お盆に 八重子おばあちゃんにかいたうたです

なんだかうれしくてひさしぶりに大爆笑した

お盆っていいなとおもった

たくさんのご先祖様

ともだち

ともだちの家族

おもいつく人々へありがとうと話をした

メリーはしんでしまった だから とうめいだけど

こんなにあいにあふれているなんて

どれだけメリーはすごいんだろう

メリー ありがとう だいすき

0806 広島

0809 長崎

0815 終戦

かなしい出来事は まだまだ たくさんある

簡易的ないのりでは

この世のへいわには とおいかもしれないけど

山から黙祷をした

たくさんのたましいとその御家族は

しあわせなお盆を過ごせたのだろうか

せめてお盆の間は

しあわせに過ごせているといいな

おもいを馳せる

わたし

戦争は、しません。

merry lasting peace メリーのこと

merry lasting peace

メリーのこと

 

 

 

 

2017年01月15日 夕方

1歳5ヶ月。

メリーは、旅立ちました。

事故でした。

 

メリーを気にかけて下さった方々

やさしく迎えて下さった方々

どうもありがとうございました。

なかなか言葉に出来ませんでした。

ごめんなさい。

 

 

メリーはヤギでした。

わたしのだいすきな家族。

もう体がなくて、とうめいだけど

だいすきです。

 

 

ライヴの旅も、メリーはもう来れません。

きっと、とうめいになって自由にしているだろうけれど

もしかしたら既にあたらしい命にうまれているかもしれないけれど

これからは、わたしは メリーと一体化してうたいます。

 

 

メリーがおしえてくれたこと。

たいせつに。

まいにちをたいせつに

いきていく。

 

 

メリーとの暮らしは、本当に楽しく、いとおしいものでした。

お互いに大変なこともあったけれど、本当におもしろくて しあわせな日々でした。

いつもそばにいてくれた。

どうもありがとうございます。でも、ごめんね。ゆるしてください。

だいすき。

love you

 

 


 

うたいます♩

ALASKA. / alaskamitsu.

ひさしぶり

金髪をピンクのゴムで高く束ねたおねぇさんが

こっちよ と案内してくれたのは芝生の庭で

巨大な木製の船が出てきて回転しているところだった

年季の入ったブルーグレイのキャップを被った短い銀髪で

紺色のパーカー 帽子と同じブルーグレイの瞳で優しく微笑むの彼女のお父さんが 船を管理している

あ ほら あれ ちょっとヤバイかも と 彼女が指差す方を見ると

船の先端からジョボジョボと水のような物が垂れていた

あ おしっこしちゃったかな と何だかソワソワして まだ回転途中の船の

一番手前の引戸を開けて中を覗くと

先端には茶色い馬がいた

だいじょうぶ 問題ない 馬がいるけど馬もだいじょうぶ と彼女に目で伝えた

ガチャンと大きな音を立てて船が止まった

開けっ放しにした引戸の前に手をついてメリーっと叫ぶけど返事がない

ここじゃなかったのかな こころがひゅうっと縮みそうになった瞬間

奥から慌しい蹄の音と叫び声と共に

メリーが走ってきた

あぁ メリー!!!

でも鳴き方が少しおかしい

すごくさびしい時と痛みや不調があるときが混ざった鳴き方

よく見ると右の骨盤が前にずれていて うまく歩けていない

あぁ メリー 痛いんだね

メリーの右の骨盤は3枚の歯車になっていて

その組合せがチグハグになってしまったのが原因だというのが見えたから

どうやってきちんと入れてあげたらいいか考えつつ

この船にいた方がいいのかなとか考えながら

痛いかもしれないから やさしく撫でていたら

目が覚めた

メリーに触れるのは ほんとうにひさしぶりで

メリーは痛そうだったけど 遅かったじゃんかー!待ってたのに!と言わんばかりでもあった

会えたのがうれしかった

コーヒーを淹れながら

あれはノアの箱船的なものだったのかもしれない と思った

メリーのからだは土に溶けていく

だから いつまでもこの形では会いに来れなくなるからね 来るとすれば

何かしら支障が出てくるよ

でもそれは形のことだから

そろそろ次のいのちになる準備がはじまるよ

いつでもそばにいるんだよ

って

メリーがいってる様に感じた

 

ドラゴンとスヌーピー

ベッドでうとうとしていたら 空がなんだかさわがしくて

いきなりたくさんのちいさな生き物が壁を通り抜けて飛んできた

部屋をぐるっとした後また窓ガラスを通り抜けて飛んでいく

その生き物は列を成してすごいスピードで飛んでいた

1列になった鯵の群れみたい

すると一番最後の子が わたしの手のひらにまとわりついた

よくみたら 彼はドラゴンだった

ヤモリぐらいの大きさで 茶色くてごつごつしていて しっぽがながくて

ギザギザのはねがついている

あら あんたほらみんないっちゃうよ? ついてかないとはぐれちゃうよ?

ほら いそいでみんなのとこにいったら? だいじょぶ?

と声をかけるも 一向に聞かず わたしの手のひらではしゃいでいる

あらま どうしよう みんな行っちゃったよ だいじょぶかな と 心配していると

いきなり大きくなった と いうか ドラゴンから別の生き物になって床に着地した

メリーかと思ったけど 彼はどうやら犬だった

あれ チキ? と 一瞬思ったけど違った チキは前に働いていた浅草のカフェに

最初にいた犬で とてもかわいかったし女の子だった

よくみるとフサフサしていて白地に茶色やグレーの大きな柄があり けっこうずんぐりしている

と 緊張したのか おしっこポーズにはいったので

あーNO!外いこう!と咄嗟に声を上げた 彼はびっくりしちゃってすねてしまった

ごめんね びっくりさせて でもここ部屋だからおしっこはこまっちゃうの 外行こうね

と話しながら あたまやからだをなでると 彼の左目は白っぽいグレーで

おそらく見えていない 体のあちこちにかさぶたがあり やたらになでるといやがった

ごめんごめん そっか あなた老犬なのね だれに会いにきたの?とはなしながら

1階に下り 玄関から外へ出て 彼はおしっこをした

家は千葉のわたしは高校生途中まで住んでいた前の実家で 今は別の所に引っ越している

わたしは 顔写真付きの家系図のようなチラシを持っていて

ママと話しているうちに ある夫婦が彼を連れていたのを思い出した

この子(ドラゴン犬)この夫婦ん家の子だよねぇと聞くがママにはわからない

そもそもこのチラシはなんなんだろうと思っていたら 常連さんマップだと思い出し家に戻る

狭く短い廊下と3部屋だったはずの2階は広くなっていて 階段を上がった所が

小さなキッチンと居間になっていた

心地よく配置されたソファーやテーブルでなぜか 前に働いていた浅草のカフェの

お客さんとオーナーがくつろいでいた

楽屋みたいな雰囲気できもちがいい

みんなにチラシをみせて この夫婦どこにいるかしってる?と聞いてまわったけど

だれも知らなかった この夫婦きてたかしら 見た事ない ってみんな言う

やー来てたよ この子つれてさ と話すけど やっぱり誰も知らないみたい

みんなはビールやワインを呑みながらゆったりとニコニコと話している

オーナーはついに借りていたビルを丸ごと買っちゃったのよ どうしようと

笑顔でいっていた わーついに買ったんだね よかったね と 祝いのきもち

そんなこんなしている間に ドラゴン犬の彼はベッドの部屋にもどっていた

あなたの家族みつからないね ねよっか と 一緒にふとんにもぐった

常連さんがそっと電気を消してくれた

みんなやさしかった

気がつくとそこは水族館の円形野外プールステージで 陽が暮れてライトアップされている

イルカ か アシカショーの前座が今から始まる所だった

なんと 白いヤギが芸をするらしい

ドラゴン犬の彼はもういなかった

季節は夏になっていた 夏の涼しい夕暮れ

司会のお姉さんは一昔前のピカピカラメの衣装でただ笑顔で魔法のステッキを振っている

観客は興味がないらしくざわついて 子どもは綿飴片手にあそんでいる

最前列ど真ん中よりやや左側で 突っ立って待っていると

ポニーぐらいある大きなヤギが出てきた

でも なんかぬいぐるみっぽくて あれれ?と思いながらショーを見守る

遊園地のコインをいれたら音楽を鳴らしながら歩く

ハンドルがついた動物型の乗り物みたいにみえてきたその白いヤギは

客席にお尻をむけてピタリと止まった

しばらくすると パッカーンと宇宙船の出入り口みたいに体が開き

中には本物のヤギ らしき生き物が入っていて もぞもぞとそこから出てきた

やっぱりそれはぬいぐるみで ぬいぐるみをヤギらしき生き物が着ていたというのだ

何も言わないけどテレパシーみたいなものを発している

彼は俳優で 自分の意志でその役を演じているとのことだった

どうりで つま先まで意識のある美しい歩き方

すっげー!とびっくりして本当にヤギなのか確かめたくて側に寄り

あたまや鼻をなでまくる でも 似てるけどなんかちがう

んー ヤギ?んー?  ちょっとなんかちがう ふわふわしすぎてるし 鼻も耳も長すぎる

正面から見ると なんとスヌーピーだった

わあ あなたスヌーピーなのね こんにちわと 耳をびよんびよんなでる

観客はまだざわついていた 数名がスヌーピーと知り写真をとっている

スヌーピーはメリーじゃないけどちょっと似てるんだなと思いながら

ひたすらゆっくりなでていた スヌーピーは何も言わなかったけど やさしかった

やさしいきもちでゆめから覚めた朝5時

ドラゴンは魂なんだね あの列にメリーもいたかしらと考えていたら

そういえばドラゴン犬の彼 あのおしっこポーズはメリーみたいだったなと

あ もしかして メリーだったのにわたし犬の姿だから気がつかなかったのかも ごめん

とか わからないけど思うだけでやさしいきもちになり

コーヒーを淹れた

にっき