変わる

あなたも わたしも

まいにちどんどんかわっていく

このままでいたいとおもっていたけど

かわっていくことはとめられない

それがしぜんの一部だって

漸く今 受けとめられた

かわっていく

この波にのって

どこまでも

あたらしいじぶんに出会っていこう

あいしています

広告

ひさしぶり

金髪をピンクのゴムで高く束ねたおねぇさんが

こっちよ と案内してくれたのは芝生の庭で

巨大な木製の船が出てきて回転しているところだった

年季の入ったブルーグレイのキャップを被った短い銀髪で

紺色のパーカー 帽子と同じブルーグレイの瞳で優しく微笑むの彼女のお父さんが 船を管理している

あ ほら あれ ちょっとヤバイかも と 彼女が指差す方を見ると

船の先端からジョボジョボと水のような物が垂れていた

あ おしっこしちゃったかな と何だかソワソワして まだ回転途中の船の

一番手前の引戸を開けて中を覗くと

先端には茶色い馬がいた

だいじょうぶ 問題ない 馬がいるけど馬もだいじょうぶ と彼女に目で伝えた

ガチャンと大きな音を立てて船が止まった

開けっ放しにした引戸の前に手をついてメリーっと叫ぶけど返事がない

ここじゃなかったのかな こころがひゅうっと縮みそうになった瞬間

奥から慌しい蹄の音と叫び声と共に

メリーが走ってきた

あぁ メリー!!!

でも鳴き方が少しおかしい

すごくさびしい時と痛みや不調があるときが混ざった鳴き方

よく見ると右の骨盤が前にずれていて うまく歩けていない

あぁ メリー 痛いんだね

メリーの右の骨盤は3枚の歯車になっていて

その組合せがチグハグになってしまったのが原因だというのが見えたから

どうやってきちんと入れてあげたらいいか考えつつ

この船にいた方がいいのかなとか考えながら

痛いかもしれないから やさしく撫でていたら

目が覚めた

メリーに触れるのは ほんとうにひさしぶりで

メリーは痛そうだったけど 遅かったじゃんかー!待ってたのに!と言わんばかりでもあった

会えたのがうれしかった

コーヒーを淹れながら

あれはノアの箱船的なものだったのかもしれない と思った

メリーのからだは土に溶けていく

だから いつまでもこの形では会いに来れなくなるからね 来るとすれば

何かしら支障が出てくるよ

でもそれは形のことだから

そろそろ次のいのちになる準備がはじまるよ

いつでもそばにいるんだよ

って

メリーがいってる様に感じた

 

ドラゴンとスヌーピー

ベッドでうとうとしていたら 空がなんだかさわがしくて

いきなりたくさんのちいさな生き物が壁を通り抜けて飛んできた

部屋をぐるっとした後また窓ガラスを通り抜けて飛んでいく

その生き物は列を成してすごいスピードで飛んでいた

1列になった鯵の群れみたい

すると一番最後の子が わたしの手のひらにまとわりついた

よくみたら 彼はドラゴンだった

ヤモリぐらいの大きさで 茶色くてごつごつしていて しっぽがながくて

ギザギザのはねがついている

あら あんたほらみんないっちゃうよ? ついてかないとはぐれちゃうよ?

ほら いそいでみんなのとこにいったら? だいじょぶ?

と声をかけるも 一向に聞かず わたしの手のひらではしゃいでいる

あらま どうしよう みんな行っちゃったよ だいじょぶかな と 心配していると

いきなり大きくなった と いうか ドラゴンから別の生き物になって床に着地した

メリーかと思ったけど 彼はどうやら犬だった

あれ チキ? と 一瞬思ったけど違った チキは前に働いていた浅草のカフェに

最初にいた犬で とてもかわいかったし女の子だった

よくみるとフサフサしていて白地に茶色やグレーの大きな柄があり けっこうずんぐりしている

と 緊張したのか おしっこポーズにはいったので

あーNO!外いこう!と咄嗟に声を上げた 彼はびっくりしちゃってすねてしまった

ごめんね びっくりさせて でもここ部屋だからおしっこはこまっちゃうの 外行こうね

と話しながら あたまやからだをなでると 彼の左目は白っぽいグレーで

おそらく見えていない 体のあちこちにかさぶたがあり やたらになでるといやがった

ごめんごめん そっか あなた老犬なのね だれに会いにきたの?とはなしながら

1階に下り 玄関から外へ出て 彼はおしっこをした

家は千葉のわたしは高校生途中まで住んでいた前の実家で 今は別の所に引っ越している

わたしは 顔写真付きの家系図のようなチラシを持っていて

ママと話しているうちに ある夫婦が彼を連れていたのを思い出した

この子(ドラゴン犬)この夫婦ん家の子だよねぇと聞くがママにはわからない

そもそもこのチラシはなんなんだろうと思っていたら 常連さんマップだと思い出し家に戻る

狭く短い廊下と3部屋だったはずの2階は広くなっていて 階段を上がった所が

小さなキッチンと居間になっていた

心地よく配置されたソファーやテーブルでなぜか 前に働いていた浅草のカフェの

お客さんとオーナーがくつろいでいた

楽屋みたいな雰囲気できもちがいい

みんなにチラシをみせて この夫婦どこにいるかしってる?と聞いてまわったけど

だれも知らなかった この夫婦きてたかしら 見た事ない ってみんな言う

やー来てたよ この子つれてさ と話すけど やっぱり誰も知らないみたい

みんなはビールやワインを呑みながらゆったりとニコニコと話している

オーナーはついに借りていたビルを丸ごと買っちゃったのよ どうしようと

笑顔でいっていた わーついに買ったんだね よかったね と 祝いのきもち

そんなこんなしている間に ドラゴン犬の彼はベッドの部屋にもどっていた

あなたの家族みつからないね ねよっか と 一緒にふとんにもぐった

常連さんがそっと電気を消してくれた

みんなやさしかった

気がつくとそこは水族館の円形野外プールステージで 陽が暮れてライトアップされている

イルカ か アシカショーの前座が今から始まる所だった

なんと 白いヤギが芸をするらしい

ドラゴン犬の彼はもういなかった

季節は夏になっていた 夏の涼しい夕暮れ

司会のお姉さんは一昔前のピカピカラメの衣装でただ笑顔で魔法のステッキを振っている

観客は興味がないらしくざわついて 子どもは綿飴片手にあそんでいる

最前列ど真ん中よりやや左側で 突っ立って待っていると

ポニーぐらいある大きなヤギが出てきた

でも なんかぬいぐるみっぽくて あれれ?と思いながらショーを見守る

遊園地のコインをいれたら音楽を鳴らしながら歩く

ハンドルがついた動物型の乗り物みたいにみえてきたその白いヤギは

客席にお尻をむけてピタリと止まった

しばらくすると パッカーンと宇宙船の出入り口みたいに体が開き

中には本物のヤギ らしき生き物が入っていて もぞもぞとそこから出てきた

やっぱりそれはぬいぐるみで ぬいぐるみをヤギらしき生き物が着ていたというのだ

何も言わないけどテレパシーみたいなものを発している

彼は俳優で 自分の意志でその役を演じているとのことだった

どうりで つま先まで意識のある美しい歩き方

すっげー!とびっくりして本当にヤギなのか確かめたくて側に寄り

あたまや鼻をなでまくる でも 似てるけどなんかちがう

んー ヤギ?んー?  ちょっとなんかちがう ふわふわしすぎてるし 鼻も耳も長すぎる

正面から見ると なんとスヌーピーだった

わあ あなたスヌーピーなのね こんにちわと 耳をびよんびよんなでる

観客はまだざわついていた 数名がスヌーピーと知り写真をとっている

スヌーピーはメリーじゃないけどちょっと似てるんだなと思いながら

ひたすらゆっくりなでていた スヌーピーは何も言わなかったけど やさしかった

やさしいきもちでゆめから覚めた朝5時

ドラゴンは魂なんだね あの列にメリーもいたかしらと考えていたら

そういえばドラゴン犬の彼 あのおしっこポーズはメリーみたいだったなと

あ もしかして メリーだったのにわたし犬の姿だから気がつかなかったのかも ごめん

とか わからないけど思うだけでやさしいきもちになり

コーヒーを淹れた

にっき

ユーモア

わたしは根暗かもしれない

いつもシリアスである

かもしれない中で

わたしにとってそれはとても

ユーモラス

だけど

パフォーマーとしては

根暗の部類かもしれない

さっき 千葉の実家に着いて

ごはんを食べながら 数年前にパパが教えてくれた

昭和50年のうたの名前がずっと思い出せなくてやっと聞いた

それは リリィという人がうたっている『オレンジ村から春へ 』という曲だった

その時代 反戦を訴える暗く身ににつまされるうたばかりのなか

パパにとって たのしく希望を持てた光のうただった

その数年前

みぃ こんなうたがあるんだよっ と
パパがそっと教えてくれた

それは

わたしの中の光をもう少し引き出してあげてねという意味だった気がして

ずっと気になっていたその曲を

二人で調べて

コードをひろって

さっきまでうたってた

パパとうたえて ニコニコしながら一緒にうたえて

たのしくてうれしい

わたしは根暗かもしれない

でも根暗だとは思っていない

でも 今夜みたいなあたたかさ

こんな風に

それは シンプルなユーモア

なのかわからんけど

この空気がふつうで

そんなうたうたいになりたい

いま

池の水の音をききながら

ふたつ光る星をながめて

メリーを感じ

そう思った

しあわせ

ありがとう

にっき

03.20

春分の日がきた

一日中雨で

ギターを弾いたら

うたをつくりはじめた

なみだがとまらなかった

そのまま

うたをつくりつづけた

まだ完成していない

たいせつに

完成させようと思う

よるになって

かいものにでかけてもどると

おうちの坂の所でグレーのねこさんが迎えてくれた

あなたメリーのともだちだよね

いつも

たいせつなときに

きてくれて

どうもありがとう

雨宿りしてってね

もう日付がかわって

春分の日はおわってしまったけど

まだ朝がきてないから

なみだがでてもゆるしてください

なかなかたいへんだ

だけど

がんばるのだ

ありがとう

だいすき

だいすき

 

一等賞

時々 親方が手伝いにおいでと電話を下さる

まだそんなに役にたてないわたしでさえ実際の現場では必要なときもあるけど

どちらかというと わたしがひとりにならないように 声をかけて下さる

わたしなりに思う様に動ける日もあれば

ビビってほぼ 親方と野口さんをみつめてる時間の方が長い日もある

どんなに作業が過酷でも どんなにわたしがへっぽこでも

野口さんはどんな事でもビビらない

よか!完璧にするけん!と いう

ある日の作業中 どんなふうに今の野口さんがあるのか質問したら

どんなことを言われても できない自分で在りたくなかった

だから人が休んでいるときも 自分が納得いくまで惜しまず努力をし続けた

負けたくなかもんね

いった

いま キッチンでふと思い出した事

勝ち負けを競うのは大体 幼稚園 小学校 中学校 学生時代の主に競技や展覧会

わたしは走るのがまぁまぁ早くなっていた小学生の頃

マラソン大会で一生懸命走っていて すぐ目の前にはゆりちゃんがいた

ゴール近く学校付近で喧騒の中 ゆりちゃんのおばちゃんの叫ぶ声

ゆりを抜かさないで!

そっかーとこころがすとん と して その距離のままゴール わたしは2位だった

中学に上がり千葉市の新興住宅地から離れた市原市の田舎町に引っ越し

その中学校では大会前だけ寄せ集めで作られる駅伝チーム(弱小)の選手になった

2年生 わたしは嫌われ者だった

何キロだったか思い出せないけど 練習はいつも山道

前にその頃ボス格の女の子が走っていて その後を着いて走っていた

山の中で走っているリズムと それに合わせる呼吸と体が

空中に浮いている一瞬を繰り返すので 駅伝の練習はすきだった

山の上 秋にはカマキリがいっぱい歩いている細い道

その頃ボス格の彼女が突然振り向き

抜きたいなら抜けよ!

と叫んだ

こわかったので

彼女がちっちゃくなるまで距離をとって走る時間をたのしんだ

こう書くと

もしかしたら

過去の話は一見 世間一般的とされる見解では

かわいそうっぽい学生時代かもしれないけど そんなことはなく

説明を端折れなかっただけで

ポイントが何かというと

幼い頃を思い出すのは 自分の本性を知るヒントなのではないだろうか

と 思った

わたしは心底  一等賞になりたいと思って努力する事がなかった

何をしていても勝敗にそこまでこだわれなかった

一等賞はなんかこわくて なれたらラッキーだけど

なくてもいいやと 目指す事をそもそもあきらめていた

体の訓練をしながら こころを強く持つ努力がある事を知らなかったのか

いや 知ってはいたのにビビってやらなかったんだと思う

過去を思い出して

わたしのなかに非常にビビリなわたしがいることが改めてわかった

大工さんの野口さんの話を聞いた時

一等賞 勝る事 負けない事 その戦いというものは

実は 誰かや何かではなくて

自分との事だったんだと 初めて分かった

持ちきれないかもしれない重さの物を絶対落とさず持ちきる事

初めての作業の一連をその場でインプットし 次の場で自分が出来る事

そのために日々 努力を惜しまず頭と体を使い

出来るというこころを育てる事

また 出来ない事は出来ないと言える事

どんな内容でも芯は同じ

自分次第で様々な自分の可能性を引き出しハッピーになることはいくらでもできる

でも最終的にその扉を開ける事は自分にしかできない

自分自身を信じて努力する事

それが一等賞なんだって

初めて知りました

なんでこの事をいま書いているかというと

今日 親方のお手伝いに行って 野口さんと二人で6メートルの柱を立てたり

高い所に登ったり いろいろな作業はこわかったけど こわいとわたしは能力が半減以下になるので

あ この事だ!今だ!と思い 勇気と頭を振り絞って体を使ったら出来た事が前より増えて

あぁ まだちゃんと分かってないかもだけど こういう事なのかもしれない

と 体感実感したのであります

正直 不安なことがいっぱいだったけど

できるまで 丁寧に諦めずがんばって作ろうとやっと心底 思えました

言葉はいろいろあるけど

言葉には

魂がそっと乗っているか 中にやわらかくまるまっているんだね

魂は どうあってもすてきなんだね

ありがとう

6ねん

03.11 14:46 黙祷

あきのりさんとみわちゃんとターボーとみんなで

檸檬の木を植えました

あのときうまれた子は きっと こんど小学一年生

げんきにしあわせに大きくなってね

長いような短いようなじかん

日々はめまぐるしく変化して

どんどん時がたって

何が何だか わからなくなることもあるかもしれない

そんなときは 立ち止まって考えたり

必要ならまた 1 からやり直して

たいせつなことを たいせつにいきていきたい

みんなのからだが健康でありますように

しあわせでありますように

原発がおわりますように

蒔いた種がいつかのだれかの役にたちますように

みんなごはんがたべられますように

たのしくいきられますように

あいをこめて